BLOG

東京MSカウンセリング|うつ病(鬱病):メンタルケア

2019/03/12

東京MSカウンセリング|うつ病(鬱病):メンタルケア

 

うつ病かな、、、と悩んだら、病院へ行く前にぜひカウンセリングルームへお越しください。うつ病の初期症状は、イライラする、不眠、夜中に目が覚める、食欲がないなどの身体の症状、やる気が出ない、集中できない、すぐ疲れる、人と関わりたくないなどの精神症状です。

うつの初期段階の時には、メンタルケアを行うことで解決していけることがあります。

うつ病の初期症状と言いましたが、毎日を一所懸命生きていたら誰にでも起こりうる悩みではないでしょうか。ただ、明日もがんばろう、とご自分で気持ちを切り替えたり、好きなことでストレス発散をして前向きになったり。気持ちのバイオリズムが負の方向に落ちた時でも、ご自分で気持ちを引っ張り上げる方法を皆さん身につけているのです。

けれども、時にはご自分ではどうにもできない悩み、自分だけでは流せない怒り、ストレスが過度になったりすることがあります。そういった辛い時には、ご自分で抱え込まずに、誰かに吐き出すことで気持ちが楽になります。

過度なストレスを我慢していると、いつか爆発してしまいます。言葉にした時には感情がコントロールできなくて自分や相手を傷つけたり、マイナス症状として身体に表れてきたり。

当サロンでは、ありのままの気持ちを吐き出し、自分らしく前向きに考えられるように、一緒に考えアドバイスさせて頂きます。怒りや悲しみもご自分自身の捉え方次第で気持ちが軽くなります。

アロマテラピーカウンセリングは、doTERRA 6本のアロマボトルから順に2本のボトルを選び、それを鼻から一気に吸い込み、脳に到達させることで、今の心の状態今後の方向性をリーディングいたします。

ストレスや緊張などの感情は脳の視床下部と下垂体に強く影響を及ぼします。その結果、自律神経や内分泌機能が乱れ、身体の不調として表れてきます。アロマの香りは身体を休息させリラックスさせてくれる効果があります。

そしてアロマテラピーは一瞬で心身を切り替える不思議な力を持っています。
脳へ到達した香りが、自然と気持ちをシフトさせてくれるのです。

信じてみてくださいね。

ぜひお気軽に、そして勇気をもって当サロンへお越しください。