BLOG

東京カウンセリング|軌道修正が出来れば脱線もありかも②:セラピスト通信

2021/08/18

東京カウンセリング|軌道修正が出来れば脱線もありかも②:セラピスト通信

 

 

子供達は、私があまり料理をしない母親だと思っているふしが有るので、ここで敢えて訂正しておきたい。



確かに、彼らはマック、バーバーキング、ケンタッキーで成長したと言えるかもしれない。
ただ、日本を離れるまではおやつは全て手作りしていた。

カボチャ型のシュークリーム、ポテトチィップ、チーズケーキなどなど、外食もほとんど無かった様に思う。



日本にいる頃は、母親として、朝笑顔で送り出し、笑顔で出迎え、食事を作り、

そんな毎日でも親子のバランスは保たれていたと思う。



NYに着いてからは、父親の仕事とは言え、選択の余地無く、アメリカンスクールへ突然と入れられた子供達の毎日に

母親としてバランスを保つ為には、

家でのんびり食事を作るだけでは足りないと感じ、

自分の後姿で子供を育てるにはと、英語漬けの毎日を選んだが、

これが後々止められない状況を生んだ。

 

 

東京にございます当カウンセリングサロンはご自分のもつ能力や個性に気づき、悩みやコンディションを共有することで幸せに過ごせるヒントをアドバイスさせて頂く総合カウンセリングルームです。

 

悩んだり、落ち込んだりされている方、自分を変えたい方、ぜひお気軽にMSカウンセリングルームへいらしてください。

 

………………………………………………………………………………………………………

 

セラピスト紹介 【MAYUMI】

 

1985年~1992年 ニューヨーク駐在の主人と共に米国滞在を経験。
現地では、小学生と中学生の息子の教育の為、アメリカンスクール、
週末には、日本の補修授業校へ子供達を通わせると共に、
本人も大学へ通い、日本とアメリカとの教育の違いに触れた。
特に、子供一人一人の個性を大切にするアメリカの教育に共感し、
帰国後は、留学を通じて不登校の子供達の自立へと導く仕事につき、
子供達の才能を確立することに従事した。

その後、2006年より再度駐在となった主人と共にロサンゼルスでの生活を経験する中、
ロスにてカラーセラピスト、アロマテラピストの資格を取得する。
2013年秋帰国。

現在では、セラピストとして活動している。
例えば、子供の能力を見つける魔法の言葉をお母さんたちに伝えたり、
共働き夫婦の上手な付き合い方やストレスを貯めない心作りを提唱している。

ブリティッシュカウンシル留学カウンセラー
カラーセラピスト
アロマテラピスト